アルコール分解で失われる栄養素について


アルコール分解で失われる栄養素について

アルコール分解で失われる栄養素について

暑い夏には冷えたビール、寒くなってきたら熱燗と仕事帰りの一杯は私たちに幸せな気分を与えてくれると思っている方は多いでしょう。週末の飲み会では、ついつい飲みすぎてしまうという方も多いのではないでしょうか。
こちらでは、アルコール分解によって失われる栄養素についてまとめてみました。健康的な生活を送っていきたいと考えている方はご参照ください。

お酒を飲みすぎると…

アルコールは飲みすぎると体に悪いということはみなさんもご存知だと思います。お酒を飲むとまず、肝臓に負担が掛かります。体内に入ったアルコールが全て分解されるまで代謝をし続けるのです。毎日大量のアルコールを摂取し、肝臓を休ませずに働かせ続けると細胞が傷ついていきます。さらにひどい状態になると肝臓が機能を果たせなくなり、肝硬変や肝がんなどに進行する恐れがあります。

お酒を飲むとトイレが近くなります。それは、お酒に利尿作用があるからです。尿によって水分を排出しすぎると体に必要な塩分やカリウム、マグネシウムなどの栄養素が一緒に流れていってしまいます。この塩分やカリウム、マグネシウムは筋肉や神経、細胞が正常に機能するために欠かせない栄養素です。お酒を飲んだ翌日に体がだるくなったり疲労したりするのは、その栄養素が足りなくなったからだと考えられます。お酒を飲む時にこれらの栄養素を一緒に摂取できると二日酔いが軽くなるでしょう。

大切なことは飲みすぎないこと

お酒を飲む時に一番大切なことは、飲みすぎないことです。お酒を飲むと水分が放出されるので、水も一緒に飲むように心がけましょう。また、お酒を飲むことで負担が掛かる肝臓の働きをサポートする栄養素も一緒に摂りながら飲むことをおすすめします。肝臓の機能を支える栄養素はビタミンやカリウム、マグネシウムなどのミネラルです。

当ショップの青汁は、ビタミンC、ミネラルが豊富な国産青葉から作られています。お酒にも合うおいしい青汁ですので、様々な飲食店のメニューに取り入れられています。お酒を飲む時、お酒を提供する時には、ぜひ当ショップの青汁をおすすめします。

  • ご購入はこちら
  • お問い合わせ