生青汁に含まれる成分「酵素」と「乳酸菌」


生青汁に含まれる2つの成分

 

命を支える成分「酵素」とは

酵素は体内で作られる「消化酵素」「代謝酵素」、食事によって得られる「食物酵素」の3つに分類され、食べ物の消化を始め、皮膚の新陳代謝、血液の循環など体の あらゆる働きに関わり、生きていく上で必要不可欠な成分です。

ところが、酸素を体内で作る能力は個人差があるといわれ、また加齢とともに酵素の量は減っていってしまいます。そこで健康や美容が気になるのなら、毎日の食事で不足する酵素を補う必要があります。

「消化酵素」「代謝酵素」「食物酵素」

野菜不足の解消には青汁。だけど・・・

野菜不足の解消には青汁酵素は主に、新鮮な生野菜や果物などに多く含まれています。

新鮮な生野菜をいっぱい食べて…、しかもそれを毎日…、
そんな面倒を一気に解決してくれるのが、豊富に栄養が含まれた青汁。

だけど、ほとんどの青汁は、食物繊維を摂ることはできても、本当に大切な成分「酵素」を摂ることができません。なぜなら、一般の青汁は製造途中に全ての酵素が失われているからです。実は、酵素は熱に弱く、約42~70℃ですべて破壊されてしまいます。
ほとんどの青汁は高温で加熱処理をするため、熱に弱い酵素はその段階ですべて破壊されてしまっているのです。

生きた酵素がいっぱいの生青汁

生青汁は通常の青汁とは製法が異なり、採れたての新鮮な青葉を丸ごと粉砕して、低温でゆっくりと乾燥させる製造方法を採用しているので、生青汁に含まれる酵素は生きたまま体の中に届き、働くのです。

ほとんどの青汁は高温で加熱処理をするため、熱に弱い酵素はその段階ですべて破壊されてしまっているのです。酵素は主に、新鮮な生野菜や果物などに多く含まれています。

 

栄養の吸収を助ける「乳酸菌」とは

栄養の吸収を助ける「乳酸菌」ビタミンやミネラル、食物繊維など、栄養が豊富に含まれる青汁が体にいいというのはご存知のはず。

でも、これらの栄養は腸内環境が整っていないと、 きちんと体内に吸収されずからだの外に排出されてしまいます。これが「青汁を飲んでも効果を実感できない…」原因に繋がるのです。

生青汁には、スッキリをやさしくサポートしてくれる生きた乳酸菌が配合されているので、しっかりと青汁の栄養を吸収して、効果を実感することができます。

  • ご購入はこちら
  • お問い合わせ