野菜嫌いな子ども対策


野菜嫌い

野菜嫌いな子ども対策

野菜が嫌いな子どもとても多いものです。発育途中である子どもの味覚は大人とは違った感じ方をします。子どもの頃は嫌いだった青汁が、大人になると飲めるようになったということも多いでしょう。子どもにとって野菜は成長するために欠かせない栄養素が多く含まれています。野菜嫌いな子どもに野菜を食べてもらえるよう対策をすることをおすすめします。

子どもの味覚を把握しよう

子どもの味覚は未発達です。大人になるに連れて味覚のバランスや感覚が成長し、複雑な味を楽しむことができます。味覚には、甘味、塩味、うま味、辛味、苦味があります。その中でも、甘味、塩味、うま味は基本の味覚とされ、子どもから大人まで様々な年齢層の人がこの味を好みます。

野菜嫌いになる原因

一般的に子どもの好きな野菜といえば、とうもろこし、じゃがいもなど甘味を感じるものではないでしょうか。野菜のほとんどが緑茶のような渋味や苦味が強く、子どもにとって慣れていない味なのです。また、野菜は繊維が多く、これも子どもにとっては食べづらいものです。慣れてない味で食べづらいということが野菜嫌いになる原因だと考えられます。

野菜嫌いを克服するには

野菜の味も少しずつ慣れさせていくことで、味覚が発達し食べられるようになることもあります。野菜の食感に慣れていないときは食べやすい大きさに切る、煮込んだり炒めたりしておいしく食べられるよう工夫するだけでも違ってきます。

当ショップで販売している青汁は、料理にも使用しやすい粉末状になっているので、様々な料理に加えやすく、アレンジレシピでおいしく仕上がるかと思います。緑茶の風味がするので和スイーツにもぴったりです。お子さんの成長に欠かせないβ―カロチン、ビタミンC、カルシウムが豊富に含まれているケールが原材料となっています。野菜嫌いのお子さんには、青汁を使った食事から始めてはいかがでしょうか。

  • ご購入はこちら
  • お問い合わせ