青汁に使われるケールについて


青汁に使われるケールについて

青汁に使われるケールについて

健康食品には色んな種類のものがありますが、その中でも青汁は不動の人気を誇っております。そんな青汁の魅力は、質の高い栄養素が手軽に摂れることです。

青汁には、野菜の王様といわれるほど栄養素を豊富に含まれているケールが使用されております。下記ではケールについて分かりやすくまとめておりますので、これから青汁を飲みたいと考えている方、既に青汁を飲まれている方は是非ご覧になってください。

ケールとは?

ケールは、アブラナ科の植物でキャベツの原種です。原産は地中海沿岸といわれており、欧米ではロールキャベツなどに使用されている野菜です。日本では野菜として食べるのではなく、青汁として飲まれております。前述しましたが、ケールには豊富に栄養素が含まれております。

βカロテン・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・カルシウム・カリウム・マグネシウム・鉄分・食物繊維などが含まれております。βカロテン・ビタミンC・カルシウムは特に豊富に含まれております。

 

βカロテン・ビタミンC・カルシウムの特徴

・βカロテン

βカロテンは、カロテノイドの中で最も多く存在する栄養素です。カロテン類には、αカロテン・βカロテン・γカロテン・δカロテン・リコペンがあります。カロテン類は、人間の体内に入るとビタミンAとして働きます。緑黄色野菜にカロテン類は多く含まれております。

・ビタミンC

ビタミンCには、メラニン色素の生成を防ぐ働きがあります。また、コラーゲン生成に必要不可欠な栄養素のため、美肌ビタミンといわれております。ビタミンCが不足すると感染症にかかりやすくなったり、疲れやすくなったりしますので、ビタミンCはしっかりと摂取しましょう。

・カルシウム

カルシウムは、丈夫な歯と骨を作るのに必要不可欠な栄養素です。カルシウムには、貯蔵カルシウムと機能カルシウムがあります。貯蔵カルシウムは、カルシウムのうち99%を占めている歯や骨にあるものです。残りの1%の機能カルシウムは、筋肉や血液などに含まれているものです。

 

当ショップでは、生青汁の販売を行っております。この生青汁にも、ケールが原材料として使用されております。日本人に馴染み深い味の緑茶とほうじ茶が配合されているため、とても飲みやすくなっております。定期便(定期購入)をご利用していただくことで、お得な値段で購入できます。ネット通販にてお求め可能のため、お仕事が忙しい方もご利用しやすいと思います。

  • ご購入はこちら
  • お問い合わせ