青汁の上手な飲み方について


青汁の上手な飲み方について

青汁の上手な飲み方について

乳酸菌などが豊富な青汁を、健康維持のために毎日の食生活に取り入れようと考えている方はたくさんいらっしゃることでしょう。しかし、青汁ただ飲めば良いというわけではなく、飲み方次第でそのメリットがうまく発揮されないこともあるのです。

したがって、上手な飲み方を身につけておけば、現在すでに青汁を愛飲していらっしゃる方でも、もっとその魅力を感じていただくことが出来るかもしれません。

青汁の上手な飲み方

青汁というのは薬ではないので、決まった量や摂取回数はありません。つまり、自分のタイミングで1日に何度お飲みいただいても問題ありません。しかし、上手な飲み方としておすすめするのは「空腹時に飲む」という飲み方です。

どうして空腹時に飲むのが良いかというと、空腹時というのは栄養素を一番吸収しやすいタイミングだからです。さらに、一度に多くの量を飲むよりは、毎食時の前後やお風呂上り、起床後など一日3~4回に分けて少しずつ飲むのが上手な飲み方の一つです。

しかしそこで注意するべき点があります。ぜひ守っていただきたいのが、作り置きをしないことです。青汁は、時間の経過とともに栄養素が失われてしまいますので、青汁を飲む際は作り置きせず、作りたての状態で飲むように心がけましょう。また、お湯で飲むことも避けてください。青汁の中には、酵素やビタミンといった成分がありますが、これらは熱に弱く、熱いお湯だとせっかくの栄養が破壊されてしまいます。

砂糖は入れない

青汁の味に慣れていない場合には、他の料理や飲み物に混ぜて飲みやすくすることがあります。この時に青汁に砂糖入れてしまう、ビタミンBが消費されてしまい、ビタミンBの摂取が難しくなります。もし、甘みが欲しい場合には、砂糖の代わりにハチミツを混ぜるようにすると良いでしょう。

野菜も取り入れる

青汁は、あくまで食事だけではなかなか補いきれない栄養素の摂取をサポートするための飲み物です。つまり、「青汁を毎日飲めば野菜を食べなくても大丈夫」とは考えず、日々の生活でしっかり野菜を取り入れることが大切です。

野菜には食物繊維が豊富に含まれています。それに加えて青汁に含まれている乳酸菌は善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、腸の働きを良い方向へと導いてくれます。しっかりと野菜を食べることと、その中で青汁も飲むようにするとより良いでしょう。

以上が、青汁の上手な飲み方となります。
是非、上記のポイントをおさえた上で青汁を飲めば、もっと健康的な身体に近づくことが出来るかもしれません。
ぜひ参考にしてください。

  • ご購入はこちら
  • お問い合わせ